今回はリモートデスクトップについて

久しぶりのブログ

 

今回はリモートデスクトップについて語ります。

win7の一部バージョンだとクライアント(接続される側)にRDPホストがないためリモートデスクトップ接続が出来ないですね。

その為、接続する方法を説明いたします。

下記をダウンロードして実行(WindowsのSP(サービスパック)によって異なります)

ダウンロード http://www.mediafire.com/?byec5ab1iriy9db

SP1はこっちhttp://www.mediafire.com/?xgj71fgh8jmtrdu

で出てきたのが英語の画面><

Enable multi・・・ユーザー毎複数ログオン可能

Enable blank・・・ユーザーパスワードなしでログオン可能

でpatchボタンをぽちり

ポートも自動で設定してくれるので上記のみで接続できるようになりますw

外からリモートデスクトップ接続する場合はルーターで3389番ポートを閉じてる場合はあけないとダメですよ。

アンインストールはないので、Unpatchをクリックして解凍したフォルダごと消せば完了です。

今回紹介したのは、最近上記が接続出来なくなると言う現象が起きたので解消方法を^^

単純に、10月に行われたWindows Updateが起因でした。

問題のファイルは、「KB2984972」セキュリティ強化のファイルです。

でも、問題ではなく強化されているだけなので、最新のRDPならなんの問題も起こらないです。

セキュリティ更新プログラムの一つなのでお勧めはしてないので自己責任でお願いします。

その後に自動更新だと、また更新がかかっちゃうので、更新プログラムページを開いて

チェックボックスから外して、そのファイルの上からて右クリックして非表示にしてくださいね^^

 

ではでわ本日はこんなとこで

カテゴリー: どうでもいいことブログ パーマリンク

今回はリモートデスクトップについて への2件のフィードバック

  1. Jamesrog のコメント:

    As days goes not later than we’ll in all probability reckon more topics and dialogue questions but this cours bitcoin btc-euros is what we’ve got so far. Take a look and inquire about bid adieu if there is a keynote you are interested in. If you can’t assign anything you capacity try our 250 discussion starters used of an adult bellboy that also has some questions listed close to topic.

  2. Robertmayom のコメント:

    Думаю, у вас возникает вопрос для чего же нужен ввод в эксплуатацию частного дома? А это нужно сделать хотя бы для того, чтобы вас не штрафанули. А штрафы сейчас очень большие. Также без сдачи дома вы не сможете подключить газ, и прописаться вы тоже не сможете.
    Также перед сдачей дома, он должен соответствовать определенным нормам жизнедеятельности:
    В доме должно быть водоснабжение http://buuilding.byethost12.com/ (скважина, колодец или центральное).
    Должно быть отопление (печь, котел, центральное).
    - В доме должно быть электричество. (проводка, счетчик).
    - Наличие канализации.
    - Стены должны быть оштукатурены и должна быть стяжка на полу.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>